Home  next  話しの種に使える性にまつわる雑学  next  男の精子雑学

味や濃さも自由自在!男の精子雑学

男にとって一番性的快感を得られる瞬間は射精時ではないでしょうか。もちろん性感帯を刺激されている時や性癖を適度に煽られている瞬間も気持ちが良いものですが、精子の放出とともに訪れるオーガズムにはかないません。しかも絶頂の度合いというのは量や飛距離によっても変わってきますよね。そう、つまり男にとって精子というのはとても大切なことなのです。そんな愛おしい精子について色々と学んでいきましょう。

精子って特別!?

男にとって精子と言うのは特別なものです。種の保存のためという役割はもちろんのこと、オーガズム時にはその量や飛距離によって快感度が変わります。プレイの中で女性の顔にかけたり口に含ませたり飲ませたりなどをすれば、性癖を満たすこともできるでしょう。精子とは生き物として子孫繁栄、絶頂の目安、性癖を満たすアイテムとして機能しているのです。男にとって特別な存在であることは間違いないでしょう。

美味しくていい匂いの精子にしてみよう!

「女性に精子を飲ませたい」そう思うことはありませんか?女性の口から精子が吐きだされる瞬間やゴクリと飲み干す姿に興奮する人はけっこういます。とはいえ「口内射精をしたい!」という性的欲求は意外と満たすことが難しいとも言えます。精子は俗に「クリの花の匂い」とか言いますが、あの生臭い感じは自分で出したものとはいえちょっと顔をしかめてしまいますよね。そんなものを女性が口に含むとか飲むというのは…難しいのは当然と言えるでしょう。
しかし精子の匂いや味と言うのは変えることも可能です。人間の体液や体臭というのは摂取した食べ物に影響されます。つまり精子も食材によって変化させることができるのです。例えばフルーツを主食とすれば甘くてフルーティーな香りのする精子にすることができます。それでも独特な匂いというのは完全には取れませんが、それでもかなり女性も飲みやすくなることでしょう。

射精量を増やすためにはどうすればいい?

男性の絶頂は射精する瞬間にあります。快感や満足感を高めるためには「精子の量や飛距離」というのが重要になってきます。つまり射精量が多いと気持ち良くなりやすい、というわけですね。
ドバドバと精子を出すためにはどうしたらいいのでしょうか?例えばビール酵母が精子量を増やすというのが一時期ネットで話題になりました。確かに酵母の入った錠剤には必須アミノ酸が含まれていて精力アップにつながります。そういう点では精子量を増やすことにつながるかもしれません。
サプリは面倒、という人は食生活にちょっとだけ気を付けると良いかもしれません。強い射精感は勃起力と関係がありますから、血流が高まりやすい食材を摂ると良いでしょう。レバーなど血を作るものとか、納豆や食物繊維など血液サラサラ成分を積極的に摂ってみてください。たくましい勃起力を維持しやすくなり、射精にもパワーが宿ります。続けていけば射精量を増やすことにつながっていくはずです!