Home  next  話しの種に使える性にまつわる雑学  next  日本における結婚と夜這いの歴史

日本における結婚と夜這いの歴史

現在の日本では婚姻は非常に大切なものと考えられています。ですが昔の日本においてはこれが非常にゆるいものであったようです。今でも残っている「夜這い」という言葉は、この頃の風習の名残とのこと。一体、古代の日本人はどのように結婚を考えていたのでしょうか?

短歌は女性を口説くために作られた?

そもそも、当時の日本においては「夜這い」はかなり一般的だったようです。夜中になると男性が抱きたいと思った女性の家に行き、誘いの言葉をかける。女性からOKをもらえればことに臨むという至ってシンプルな図式だったようです。

この時に使われたのが「短歌」だったようです。百人一首などに恋の歌が多いのも、もしかしたらこれが理由かもしれません。男性は自分の思いをしたためた歌を詠み、女性はそれを聞いて体を許していたようです。

当時の夫と妻の立場

婚姻についても今のように役所に届け出を出すと言ったものは存在しませんでした。一夜を共にした男女が結婚しようと決めれば、あとはそれを両親に事後報告するのみだったそうです。

離婚に関しても簡単で、夜這いにきた男性を女性が追い返せばそれだけで成立したそうです。裁判だ、慰謝料だということはまるでなく、本当にあっけなく終わってしまうのですね。

子供についても基本的には女性の方に親権があったようです。そもそも妻の財産は妻の一族が管理するものとなっていましたので、子供についてもそれが適用されたようです。しかも、夜這いという制度があったせいか本当の父親が誰であるかも曖昧だったのでしょうか。今考えると、そんなに適当で本当に良いのか?と思うかもしれませんが、当時がそれが普通だったそうですから驚きです。

長く続いた夜這いの風習

この制度はどうやら万葉集の時代まで続いたようです。それからだんだんと婚姻の形式も変わっていき、明治になってようやく結婚が契約となりました。一夫一妻制についてもこの頃にようやく決まったようです。

しかし田舎では夜這いの風習がかなり長い間続いていたらしく、村の若者の筆卸を一手に引き受ける女性がいた、という話も残っています。村の女性はみんなのもの、というような考え方もあったらしく、現代社会では考えられないようなことが平気で行われていたとのことです。

モラルや価値観というのは時代とともに変化していくものですが、昔と今ではここまで違うのですね。今では夜這いという行為自体があまり良いものとされていませんが、時代の流れが違っていたら、今も普通に行われていたのかもしれません。