Home  next  セックスのトリビア  next  女性の性欲ピークはいつ?

女性の性欲ピークはいつ?

女性に比べ、男性は早くから性に目覚め、また晩年まで性欲旺盛という方も珍しくありません。男性の性欲のピークはいつか、正確に測るのは難しいでしょう。基本的には性欲と体力は同じように推移しますから、二十代がもっとも精力的であるとは言えますが、体力が衰えセックスができなくなっても、性欲は衰えないこともあります。

一方で、女性については三十代から四十代に性欲のピークを向かえる、と言われています。「三十させ頃、四十し頃」という言葉もありますが、女性はセックスの経験を積むことで、性欲も高まっていくのです。

女性は性経験を積まないと気持ちよくなれない!

男性と女性の違いでいえば、まず男性は十代で精通を迎えた時点で、セックスも可能になります。ほぼ体の成長と性欲が一致しているのです。しかし女性は初潮を迎えることで妊娠できるようになるものの、それが性欲とは必ずしも一致しません。破瓜の際だけではなく、ある程度の性体験を積まなければセックス自体に痛みを感じることが多く、これも男性とは異なります。また生理による生理痛などもあり、男性のようにいつでもセックスOKということもありません。

家事、子育てに一区切り付く頃に性欲は増す

そして、現在はキャリアウーマンも増えてきましたが、一般的に女性は結婚すると家庭に入るという時代が長く続いていました。二十代から三十代にかけては子育てや家事に追われており、そうしたことが一段落する三十代以降に性欲のピークを迎えるというケースも多いようです。

こうした男女の性欲傾向の違いから、男性にとっては体力が衰え始めた三十代から四十代にかけて女性が性欲のピークを迎え、夜に迫られて苦労する……といったケースも起こります。前述のように男性の性欲が衰えていない場合もありますが、絶倫タイプではない男性の場合だとツラいことになるようです。

美容と健康のためにもセックスはいい

三十代から四十代の女性にとって、セックスは「美容と健康のためにもよい」ことです。女性はセックスをすることで、女性ホルモンを多く分泌するようになりますが、これにより体内のホルモンバランスが整えられ、更年期障害になりにくくなる、という効果があります。

これはセックスに限らずオナニーでも同様です。しかし、結婚している、パートナーがいる場合は、やはりオナニーよりもセックスで気持ちよくなりたいと思うものです。奥さんの夜のお求めに、亭主としてはぜひとも応えてあげたいところでしょう。

気持ち良いセックスが旺盛な性欲に繋がる

とはいえ、すべての女性がアラフォーになるとセックスを求めてくるというワケでもなく、逆に性欲を失ってしまう人もいます。このケースは、あまり気持ちのよいセックス経験を積んでこなかったという人に多く、結婚し子どもができた時点でセックスに興味を失ってしまうようです。子作り、遺伝子を残すという本能的な目的を達成した場合、もうそれ以上のセックスは必要ない、となってしまうのです。

セックスは気持ちのいいものだ、パートナーとの愛情を確認できるものだという気持ちがなければ、性欲は薄れていってしまうものです。男性も自分本位のセックスをせずに、女性を喜ばせるセックスを行えば、パートナーの性欲はいつまでも衰えないかもしれません。

男性は加齢とともに性器が立たなくなる、EDになる可能性も高まります。性的ピークに達したパートナーと末永くセックスを楽しむためにも、バイアグラなどの治療薬を使い治療しましょう。EDは男性の更年期障害として現れることもありますが、現在では治療できる病気でもあるので、ひとりで気に病むよりも正規のクリニックで受診することをおすすめします。