Home  next  セックスのトリビア  next  女性の演技は悪いこと?

女性の演技は悪いこと?

「全ての女性は女優である」という言葉はセックスにおいても適用されます。彼女たちは演技をすることで、より深い快感を得ようとするようです。「演技=嘘」と考えてしまう男性もいるでしょうが、その全てが悪いことではないことを理解しましょう。

ベッドの上で演じる理由

多くの女性はセックスの最中に演技をしているとのことです。男性にしてみれば、「自分のテクニック不足のためにそんなことをしているのか」と自信をなくしてしまうかもしれません。

しかし彼女たちは何も悪気があって感じている振りをしている訳ではありません。むしろセックスをより楽しむために、大きくあえいでいる場合があります。

女性はベッドタイムにおいて、ムードをとても大切にします。「自分は今エッチなことをしているんだ」と思い込むことで、より興奮を覚えるのだとか。声を出したり体を震わせたりすることで、感情を高めることが出来るのだそうです。

女性のオルガズムは目で見てわかる?

しかし男性からしてみると、「やはり相手を満足させてこそ」と考える人は多いようです。女性のオルガズムの瞬間を見極めるのは男性のように簡単ではありません。射精のようにわかりやすいサインがあるわけではないので、それは仕方のないことでしょう。

しかし、ちょっとした体の変化はやはりあるものです。例えば、乳輪は乳首が勃起するごとに大きく広がっていきます。そして絶頂に達すると、しだいにしぼんでいくのだとか。

この他にも「セックス・フラッシュ」と呼ばれるものもあります。オルガズムの直前になると、女性の体には紅斑が現れるのだとか。しかしこれは一瞬のことなので、少し実用的ではないかもしれません。

いくことよりも大切なこと

オルガズムを見極める方法がわかったからと言っても、必ず女性にそれを感じてもらうにはタイミングやテクニックが必要です。ムード作りや丁寧な愛撫を普段から心がけましょう。

しかしそれでも、世の中には絶頂をむかえた経験がない、という女性がいるのも事実です。それでも彼女たちがセックスを求めるのは、そこに心と心の交流を求めているからに他ならないでしょう。

男性はついつい自分と同じように、「オルガズムを感じることこそセックスの目的」と考えてしまいがちです。ですがそれ以上に大切なのは、肌と肌を重ねることで得られる幸福感だと言えます。互いの求めるものをわかり合い、素敵なコミュニケーションを取れるよう努めましょう。

もしも自分のパートナーがいつも演技をしていたら、と考えるとなんだか悲しくなってしまう男性もいるかもしれません。しかしその全てが、事を早く終わらせる為のものではないということを理解しましょう。もちろん、互いにオルガズムを感じられるセックスはとても素敵なことではあります。ですがそれに執着しすぎるよりも、相手と一緒に心から満足できる時間を過ごすことの方がより大切であることをお忘れなく。