Home  next  セックスのトリビア  next  男の子と女の子の産み分け

セックスをしてから付き合う?変わりつつある順序

セックスが先か、付き合うのが先か。道徳的に考えればお付き合いが開始されてからセックスというのが妥当でしょう。しかし、こうした考えはもはや旧時代的になりつつあるのです。近年行われたあるアンケート調査では、男女ともに過半以上が「セックスをしてから付き合う」と答えています。男性だけではなく女性さえも「セックスから始まる恋愛」を認めているのです。このように従来の固定概念が変わりつつある背景にはどのような理由があるのでしょうか。男女それぞれの意見から探っていきましょう。

セックスは相性確認の儀式

一度恋愛が始まれば、二人にとってセックス避けては通れない重要なファクターです。持って生まれたお互いの体の相性はセックスの満足感に直結します。律儀にお付き合いが始まってからセックスをして体の相性を確認するのでは遅いという考え方があるようです。これが恋人関係のスタートと体の関係のスタート順序が逆になった理由のひとつです。

体の相性が悪ければその後の恋人関係は苦痛にもなり得ますから、ある意味合理的とも言えるでしょう。極端に言えばセックスをして相性が悪ければさようならということになるので、ドライに感じるかもしれません。もちろんすべての男女に当てはまるわけではありませんし、価値観によってはセックスよりも重要なものはあります。男性、女性ともに体の相性だけにとらわれないようにしなくてはなりません。

女性はセックスの後に好きになる?

少々強引な話に感じるかもしれませんが、女性は好きな人とセックスをするのでは無く、セックスをした相手を好きになるという理論があります。つまり本格的な恋愛感情がセックスをした後に生まれるということです。

セックスした日を境にして女性の態度が驚くほど変わることがあるのはこのためです。極端に言ってしまえばこうした女性の心理は、「好きだからセックスをした」わけではなく「セックスをしたのだから好きに違いない」というものです。

男性は積極的にセックスを狙っていくべきだとも言えます。もちろんお互いを異性として意識する感情がゼロであればセックスに発展することはないでしょう。レイプのような強引なセックスは論外です。しかし、逆に言えば少しでも異性として意識していれば一夜を共にする経験は十分にあるのです。女性をモノにするためには、紳士的なだけではダメだということです。

どんなセックスをしても恋愛に発展するというわけではありません。しっかりと男としての価値をみせつける必要があります。一番避けたいのがED症状によりまともにパフォーマンスできないような状況でしょう。バイアグラ等のED治療薬は万全を期して用意しておきましょう。インターネット通販で偽物をつかまされては元も子もありません。しっかりと評判のクリニックを調べ、医師の指導のもと正しく処方してもらいましょう。

本来、双方の合意のもとで行われるセックスであれば付き合う前であろうと全く問題ありません。「性交渉は付き合ってから」という道徳的意識はいつの間にか生まれたものです。こうした考えを頑なに守っていると、時としてチャンスをみすみす逃してしまうかもしれません。少しセックスに奔放になってみるだけで、思わぬ幸せが待っていることでしょう。