Home  next  男の楽園『風俗』のお勉強  next  ソープランドに歴史あり

ソープランドに歴史あり

数ある風俗のなかでも、もっとも上級者向けと言えるのがソープランドです。なんと言っても本番行為が可能な風俗はソープだけですが、法制度の建前から「たまたまお客と嬢が恋愛してセックスしただけ」ということになっているのも面白いポイントです。

日本政府がアメリカにお願いして誕生した“赤線地帯”

本番OKな風俗は、海外では珍しくありませんが、日本では建前上は禁止されています。しかし日本でも、かつては合法的に本番行為ができる風俗はありました。江戸時代には吉原などが遊郭として栄えていましたが、これは現代風に言えばソープランドです。

その後も明治、大正、昭和初期と遊郭は残っていましたが、太平洋戦争で日本が敗北しアメリカの統治下となった1946年には、GHQの指令により公娼制度が禁止されました。しかし戦後の混乱期において大衆が楽しめる娯楽は少なく、手頃な価格で楽しめる娯楽を供給する必要が生じた結果、政府はGHQに対し公娼制度を認めてくれるように交渉します。こうして、今で言うソープ街、風俗街に相当する“赤線地帯”が誕生しました。

現在の風俗街は江戸時代の遊郭?

赤線とは、娼館の営業が許可されるエリアを決めた際に、警察がそのエリアを地図上に赤い線で囲って表記していたことに由来する、と言われています。そして赤線エリアに選ばれたのは、かつて遊郭として栄えていたエリアが選ばれました。設備等をイチから作り直すよりも、昔の設備を再利用するほうが便利だったのです。

現在でも風俗店が特定の箇所に固まっていることが多いのですが、これはかつて江戸時代などに遊郭だった、戦後に赤線地帯となった、そのご公娼制度が廃止されても店は残った、という理由からです。すべての風俗街が元遊郭、元赤線地帯だったワケではないものの、新興の風俗街は非常にレアケースになっています。

ソープがかつて“トルコ風呂”と呼ばれた理由

さて、その後再び公娼制度が廃止され表向きには本番OKな風俗店は消えましたが、そこでもしぶとく生き残ってきたのがソープランドです。このソープランドは、かつては“トルコ風呂”と呼ばれていましたが、1984年にトルコ人留学生が抗議したことにより、現在のようにソープランドと呼ばれるようになりました。

そもそも本場・トルコのトルコ風呂は、日本で言うところのサウナ風呂のようなもので、とくに性的なサービスは行っていません。なぜ性風俗店をトルコ風呂と呼ぶようになったのか、その理由に17世紀から18世紀にヨーロッパで流行した性風俗店の名称があります。

中世ヨーロッパでは宗教改革によりいかがわしい風俗店などは数を減らしてしまい、その過程で銭湯文化も衰退しましたが、17世紀ごろになると当時のオスマン帝国風のお風呂が楽しめる店がイギリスに誕生します。

これがブームとなりヨーロッパには多くのトルコ風呂が作られますが、これらはすぐに性風俗サービス店となっていきました。本場のトルコ風呂では男風呂には男の三助がいて背中を流してくれましたが、これが誤解されて伝わり“裸の女性が背中を流してくれるサービス”として広まっていったのです。

そして、そうしたトルコ風呂が、本場トルコからではなくヨーロッパから伝わった結果として、日本でも本番ありの特殊浴場をトルコ風呂と呼ぶようになったのです。自国の文化が風俗の代名詞のように使われたのでは、トルコ人が怒る気持ちも理解できる気がしますね。