Home  next  男と女の心と体・豆知識  next  暗い部屋でセックス

暗い部屋でセックスしたい女性たちのホンネ

セックスの際は部屋を暗くするのが暗黙の了解となっています。しかし、必ずしもこのセオリーに同意できない方も多いのではないでしょうか?特に男性は女性に比べて、目で見た得た情報から性的に興奮する割合が高いと言われています。アダルトビデオを例にとっても女性の体が確認出来ないほど暗いことはありえません。

対して女性は慣例通り暗い部屋でのセックスを望む傾向があります。パートナーに部屋を明るくしてセックスすることを提案したけど断られてしまった男性も多いと思いのではないでしょうか。恥ずかしいと言われればそれまでですが、実際にはその理由はもう少し複雑なものなのです。女性が暗い部屋でセックスをしたがる本当の理由を詳しくご説明しましょう。

女性の興奮材料はムード

男性は視覚で興奮を高めるのに対し、女性は感情で興奮すると言われています。お互いの体がハッキリ見えすぎてしまうとどこか冷静になってしまうのでしょう。そのため女性は明るい部屋でのセックスは避けたがるのです。

自分の体を確認されることに恥じらいがあると同時に、男性の体を見つめてしまうことで幻滅したくないのです。スーパーモデル同士のセックスであれば話は違いますが、男女ともにパーフェクトなプロポーションを持っているわけではありません。明るい部屋では男性の見たくない部分に直面しなくてはならず、それがセックスへ没頭する妨げとなるのです。

セックスという儀式に酔っていられることが女性にとっては何よりも大事なこと。部屋を暗くすることはそのムードづくりの一環と言えるでしょう。「電気を消そう」と切り出すのは大抵女性です。ある意味ではこの提案も、恥じらいを見せセックスのモードに切り替える女性なりの作戦なのです。

暗い部屋だからこそ乱れられる

恥じらいは部屋を暗くしてセックスをする理由のひとつですが、逆に言えば女性は部屋を暗くすることで思い切り乱れたいのだとも言えます。オーガズムに達したときの表情は自分でコントロールできず、セックスのパートナーであっても積極的に見せたいものではないはずです。暗い部屋であればイッた時にどんな顔になっても詳細に視認できません。

セックスを最大限楽しみたいのは男女ともに同じです。女性は部屋を暗くすることで恥じらいのストッパーを外し、思う存分乱れることが出来るのです。

たまには明るい部屋で!

マンネリはセックスの大敵です。暗い部屋でのセックスがいくら一般的とは言っても、いつかは飽きが来てしまうかもしれません。男性が明るい部屋でのセックスを望んでいる場合はなおさら。たまには男性の意見を汲んであげないと可哀想です。

普段はライトをつけるのを嫌がる女性も、たまにであれば意外と楽しんでくれるかもしれません。女性の恥じらいは男性の興奮を呼び起こしますので、相乗効果でセックスは大いに盛り上がるでしょう。昼間のセックスというのもいいものです。明るさと同時に、少しばかりの背徳感が良いスパイスとなることでしょう。

部屋の照明は男女の興奮に大きく影響します。お互いの心理を理解してその時のフィーリングに適した明るさでベッドインできるようになれば、二人のセックスライフはより楽しくなっていくことでしょう。