Home  next  男と女の心と体・豆知識  next  男性はいつまで現役でいられるのか?

男性はいつまで現役でいられるのか?

「あの頃は若かった」一日に何回もパートナーと性行為を続けていられた昔に比べると、今の自分を情けなく感じる人もいるでしょう。もしかしてこのまま性欲が減退し続けて、最後には何も出来なくなるのでは?と不安を抱えてしまうかも知れません。果たして男性はいつまで現役でいられるのでしょうか?

実はいつまでも性欲は続く?

男性は年齢を重ねると自分の性について自信を失っていくという話を良く聞きます。「周りもそうなんだから、自分だって仕方がない」そんな風に思い込む方も多いのではないでしょうか?

しかし現実的には80歳で未だに現役という方も多いのだとか。個人差はあるものの、男性の性欲は生涯続くと考えられています。

もちろんピークはあります。10代から20代にかけてはみなさんも経験上、もっとも性欲が高まっていることを覚えているでしょう。それと比べてしまうから、元気がなくなってきたという感覚に襲われてしまうのかも知れません。また、体力的な側面も大きく影響しているといるでしょう。

自分の体調を整えるのが大切

いくら性欲が衰えないからといっても、現実的には体力や精神力の衰えから、行為に臨むことが困難となる場合も多いでしょう。気持ちはあるのに体がついてこないというのは非常につらいものです。

セックスに必要な体力を養うためには、普段からの生活を改めるべきでしょう。どうしても年齢を重ねるにつれ、人は楽な方楽な方へと自分を甘やかしがちです。ジョギングや水泳などをはじめるのは時間的にむずかしい、という方は毎日の行動を見直してみましょう。
例えば、普段はエスカレーターを使っている場所でも階段を利用してみたり、電車内では出来るだけ立って移動するように心がけてみることも効果的です。

しかし、長年の不摂生が原因の体調の悪さは自分の力だけではどうしようもないもの。特に性器に絞った改善策となると、よりハードルは高くなるでしょう。今ではバイアグラなどのED改善薬を使う方法もあります。インターネットでは安いものも販売されていますが、本来処方箋が必要な薬です。偽物も数多く販売されていますので、手に入れる場合には信頼のおけるクリニックを受診するようにしましょう。

体調をしっかり管理することで男性はいつまでも現役でいることができるようです。「もう年だから」といってパートナーとの行為を断っている男性は、自分自身の生活を改めることでもう一度、愛のステージに立つことが可能といるでしょう。専門のクリニックなどを受診し、下半身の健康にも気を遣ってみませんか?